酵素生産量はみんなちがう。産まれる前に決まっている?

「酵素」ってご存知でしょうか。なんとなく聞いたことがある。

酵母と似てるの?と思っている方もいらっしゃると思いますので、酵素について詳しくシェアいたします。

人は酵素がないと生きていけないんです。なので生きていらっしゃる皆様は酵素をお持ちです。

酵素=生体内で行われるほとんど全ての化学反応の触媒となる高分子化合物の総称です。
「むずかしっ!」

理科の授業で習っているかもです
例えば、お魚はタンパク質、タンパク質を食べると→アミノ酸になって体を作っていくよ。とか
お米は炭水化物→炭水化物はブドウ糖→グルコーゲンなって肝臓に、、、
習いませんでしたか?笑
とにかく、体を動かしたり、細胞をターンオーバーさせて肌を綺麗にしたり、がん細胞を処理したり、脂肪を燃焼したり、ほぼ全部酵素がやっています。
「ありがとう酵素!」

そんな酵素ですが、一生涯に生産できる量が決まっています。

そして人それぞれその量は違います。
「お母様のお腹にいらっしゃる間に生産量が決定しています」
生まれてからは増やすことはできません。(残念。)

ですのでこれからは「節約、活性化、外から取り入れる」ということが大切です。

1、節約→白砂糖、加工食品の添加物、人工甘味料、肉、魚、高GI食品、生の植物の種のaba(玄米も含む)をなるべく大量に摂取せず、排泄を心がける→チャコールクレンズ 、トウクレンズ、ファストプロミール、フローラバランスがおススメアイテムです。

2、酵素を活性化→食べ物を消化しない時間を作る、14時間ファスティング、体温をあげる、腸内の善玉菌を増やす(悪玉菌のエサとなるものを避ける)
→ハーブザイム113とファストプロウォーターがオススメアイテムです。

3、外から摂取する→生の果物や生の野菜を摂取する。生(生きている)食材はそれ自体が酵素を持っているので自分の酵素を消費せずに済みます。また発酵食品(植物性)を摂ることで善玉菌が増え酵素を活性化してくれます。

関連記事

ページ上部へ戻る